化粧水の働きをアップさせるおすすめの使い方

化粧水は女性だけではなく、男性でも使用することが多いスキンケアアイテムです。洗顔やお風呂の後に使用することで、肌の乾燥を防ぐことができます。さらに、その後の美容液や乳液の浸透を促す効果もあるので、スキンケアアイテムの基本と言っても言い過ぎではありません。そんな化粧水ですが、正しい使い方をすることで美容効果をアップさせることができます。

同じ商品でも効果が格段に変わる場合もあるので、今一度、使い方を見直してみるのがおすすめです。まず最初に注意したいポイントは、肌の汚れを取り除いてから使用するということです。汚れのついていない綺麗な肌に使用することで、美容成分が浸透しやすくなるからです。水分などが肌についている状態も成分の浸透を妨げる要因になるので、タオルなどで水分をふき取ってから使用するのがおすすめです。

肌につける時は、手のひらであたためて使うことも重要になってきます。そうすることで肌馴染みが良くなり、美容効果を高めることができます。化粧水を肌につける順番にも、こだわってみましょう。適当に顔につけるのではなく、肌が乾燥しやすい部分からつけていくのがポイントです。

目元、口元、頬などデリケートな部分から使用し、鼻やおでこなどのTゾーンを最後にすることで乾燥しにくい肌にすることができます。化粧水の使用料は少なすぎても多すぎてもいけません。少ないと肌が乾燥することはもちろん、多すぎると、逆に肌の水分を奪って蒸発してしまうからです。適量は人によって違うので、少量ずつ数回に分けて塗るのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *