エイジングケア化粧品の成分とは

エイジングケア化粧品とは、保湿作用をはじめ抗酸化成分、抗シワや抗シミ対策の役割を果たすものです。ここではそれぞれエイジングケアケア化粧品成分にはどのようなものがあるのかということについて説明します。まず保湿成分としては天然保湿因子のアミノ酸をはじめ、ヒアルロン酸やコラーゲンが知られています。この他にもセラミドは特に保湿力が高く、近年注目されている成分です。

エイジングケア化粧品といえば抗酸化成分が知られていますが、抗酸化作用とは肌の酸化を防いで老化のスピードを遅くすることをいいます。抗酸化作用のある成分には、アスタキサンチンやリコピン、アントシアニンなどがあります。エイジングケア化粧品に配合されている抗シワ作用のある成分には、レチノールやビタミンC誘導体、大豆イソフラボンなどがあります。これらの成分はコラーゲンの生成を促すことで、シワ改善作用があります。

一方の抗シミ作用のある成分には、ローズマリーエキスやリノール酸、プラセンタエキスなどがあります。これらにはメラニン生成抑制作用があるため、抗シミ作用を促します。肌のターンオーバーは加齢により衰えます。このためこれらエイジングケア化粧品以外にも、ピーリングによるケアを加える事でアンチエイジングにつながります。

ピーリングとは古い角質を除去することで、肌の代謝が上がり新しい皮膚が生まれやすくするということを指します。ピーリングは週一回を限度とし、終わったら必ず保湿ケアをして肌を整えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *