北米で生まれたロダン+フィールズ

欧米人の肌の悩みは、たるみやシワだと言われています。

一方日本人の場合はシミやくすみがお肌の悩みのトップに挙げられています。なぜこのような違いが生じるのでしょうか。民族によって肌質が異なるため違いが生まれます。欧米人は肉食が中心でバターやクリームなどのこってりした食品を中心に摂取しています。最近はベジタリアンの人も増えてきましたが、やはりカロリーが高いものが人気です。ベジタリアンが最近増えてきたことは、肉中心の高カロリーである食事に疑問を感じるようになったことのあらわれとも言えます。

そうした食生活の違いが肌質へと影響します。和食は野菜が中心で魚も好まれています。同じスイーツでも海外のものと比べて甘さはひかえめです。確かに長寿という点には貢献しますが、デメリットもあります。その一つはコラーゲンの生成に欠かせないたんぱく源が不足することです。ロダン+フィールズはそうした国内の食生活も分析して、開発された化粧品です。

ロダン+フィールズは北米で作られて使用されていましたが、最近は日本国内向けのものが販売されるようになりました。当然国内向けにリニューアルされていますから、安心して使うことができます。スキンケアが好きな日本人にあわせて、ロダン+フィールズは新たに生まれ変わりました。日本人の肌に合わせて、皮膚のプロフェッショナルが研究して監修しましたから、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *