Skip to content

プログラミングスクールと時代の流れ

様々な要因により、次々と変化する時代の中で社会人であれば労働のありかた、学生であれば学習の仕方にも変化が起こっています。

これまで、日本経済の根幹を支えていた製造業は、新興国の台頭により転換期を迎えている状況です。これまで当たり前のように存在していたものが、当たり前ではなくなるという時代の中で、移ろうスピードは昔よりもはるかに速いペースで進んでいます。

現代を生きる私達は、その時代の流れに取り残されないように対応していくことが求められている状況です。日本では、働けば働くほどお金がもらえた時代もありましたが、景気か縮小し人口も減少しつつある中でどのような社会に変化していくのかまったく想像できません。人口の減少に伴い、働き手不足がしきりに叫ばれるようになった現代では、それでも労働生産性を維持しようとする中で台頭を表してきたものがあります。

それは、人工頭脳と呼ばれる存在です。これらの登場により、実際に社会に大きな変化が起こっており、数値分析や情報収集分野はほぼ独占的になりつつあります。こういった中で将来職を失う可能性がある人たちが注目しているものが、プログラミングです。ロボットやパソコンの司令塔となるプログラムを製作することをプログラミングといいますが、現在全国にスクールが開講するほど人気を集めています。

社会人は、将来安定した働き口を確保するためにプログラミングを学び転職したいと考える人が多く、スクール側もそういった人材を育成して企業へ紹介するサービスを開始している状況です。こういったスクールは今後も拡大していくことが予想されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *