Skip to content

実践的なプログラミングスクールの見つけ方

「実践的」とはすぐに使えることです。

一見当たり前のように思えますが、現実の世界ではそうでない場合もあります。例えば、日本の学校制度では中学から高校まで英語を勉強していますが、実際にアメリカの人と話せる人はほとんどいません。理由は実践的な勉強方法ではないからです。学校の英語の成績がよい生徒でも同じです。つまり、学校の英語勉強は実践的ではないことになります。

プログラミングスクールも同じことが起こりえます。学校の場合は義務ですのでそれで構いませんが、プログラミングスクールは自分の意志で学ぶものです。中には趣味程度を望んでいる人もいますが、だいたいの人は「実際に使うこと」を目的にしています。ですから実践的なプログラミングを学べるスクールを探しているはずですが、これがなかなか容易ではありません。体験者でなければわからないことと、あと一つ重要なことは見分けをつけられるほどの技能がないからです。

まだ学ぶ前ですので、「当たり前」と言ってしまいますと当たり前ですが、実際問題としてそれでは不利益を被ることになります。実践的なところとそうでないところの違いはいろいろな場面で表れます。例えば、卒業後の就職先の選択です。実践的な過ぎるを身につけていますと就職にも有利ですし、本人も就職後に困ることはありません。

実践的なスキルを身につけることはこれほど重要な点ですが、それの見分けを入学する前にする必要があります。一つの方法を紹介しますと、そのスクールの就職状況を調べることです。それなりの企業に就職している実績があるところは実践的な授業を行っている証明となります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *