Skip to content

スクールでプログラミングを学ぶ

最近プログラミングに関心新が高まっています。

スマートフォンアプリや人工知能やロボットなどのニュースも毎日流れており、実際にプログラミングをしてみようとする人も多くなっています。勉強方法として独学やネットでの動画学習、スクールに通う人など様々です。ここではスクールに通うメリットについてあげてみます。まず第1に目の前でプログラミングをしているのを見ることができる点です。開発環境の構築の仕方、使用方法など目で見るとすぐにわかることが本などで独学していると環境構築などで躓き、時間を無駄にすることが多くあります。また、デバッグなどは講師からすぐに修正してもらえます。

第2に勉強仲間がいることです。モチベーションの維持など友人がいると気が楽になることです。難しいところなど躓く点などを話し合ったり、成果物などを見せ合うことでモチベーションが学習効率が高くなることがスクールに通うことのメリットです。第3に学習カリキュラムの精選とより進んだ内容を示してもらえる点です。

本で勉強していると躓いたところで別の内容を勉強する必要が出てきたりしますが、そういう脱線を最小限に食い止めてくれます。コンピュータサイエンスは奥が深く、一つの言葉や内容を理解しようと突き詰めていくと脱線しがちです。当面の目標を達成するため、途中の脱線を最小限にして目標を達成できます。スクールのカリキュラムが終了後はより進んだ内容を紹介してもらったり、実際にチームを組んでチーム開発をするスクールも多くこれは一人で独学ではできない経験です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *