なぜ細菌感染は発生するのでしょうか

ここ最近の日本では、細菌性中毒に関して一年を通して起こる可能性が多くなっています。
食品中毒は、細菌感染型として猛威を振るう場合があり、だれでも係る可能性を秘めています。
主な食中毒原因は、大きく分けて3つになります。

一つ目は、食中毒菌が食品の中に混入して起こる。
二つ目は、ウィルス性食中毒としてウィルスが蓄積した食品の飲食から起こる。
三つ目は、フグやキノコやトリカブト等の動物性・植物性の毒によって起こることが言えます。
原因を特定できず風邪などの素人判断が結果死に至る場合もあり、細菌感染発生は、怖い存在でもあります。
季節型としてはフグの毒素などは冬と言えますが、その他の細菌型感染、ウィルス型感染は、季節を変えても発生してきているのが現状とも言えます。
最近猛威を振るったノロウィルスは、今までは冬の季節11月から3月にかけては、大丈夫と言われていた冬季の時期にも発生した平成18年暮れから19年初頭の状態は、今までは考えられなかった現象であったと言えます。
大きな感染理由と背景には、細菌・ウィルス等の微生物の生存性や生態、そして私たちの食生活、生活環境や自然環境の変化が複雑に絡み合っているからだと考えられています。